コンセプト(想い)


当店では「純粋・安心・美味」をテーマにお客様にご共感頂き、
ささやかなぜいたくを感じていただけるよう、
できる限り丁寧な調理を心がけております。

蕎麦への想いは、国内より厳選した良質な玄そばの確保に始まり、
石臼挽き自家製粉で、原料・気温・湿度などを考慮し、
日々微調整しながら挽き分けを行います。
酒蔵の仕込み水を使用し、江戸前の手法で手打ちいたします。

つゆ、料理においても原材料はできる限り国内産のものを使用し、
食品添加物や化学調味料などによる加工は致しておりません。
純粋な調味料を使用し、丁寧にだしを取り、
素材を大切にしたやさしい味に仕上げます。

少しでも多くの方にご共感いただくことができましたら幸いです。


DSC_1368 (2).JPG


当店の「そば切り」について

当店では現在、魅力の異なる3種「せいろ」・「挽きぐるみ」・「田舎(温そば用)」の「そば切り」を打ち分けております。それぞれのテーマに合わせた蕎麦の品種の選択と石臼による挽き分けを行い、酒蔵の仕込み水を使用することでそれぞれの特長を活かします。



DSC_0094.jpgせいろ

「せいろ」

電動石臼と粉砕機を使用し、希少な在来種と常陸秋そばを品種ごとに挽き分け、篩い分け、贅沢にブレンドした胚乳部分中心の味が濃く、上品な甘みとのど越し良さを合わせ持つ白く透明感のある江戸前の「もり」です。食べ飽きることのない当店定番の一枚です。






挽きぐるみせいろ(丸抜き全粒粉)

希少な在来種を使用。色選抜をかけた味濃い緑色の丸抜きを電動石臼で挽きぐるみにし、さらに手動の石臼で粗挽きにした粉を加えた風味豊かなそば。甘皮まで含めた全粒粉ならではの瑞々しい粘りある食感で、淡い緑色が美しいです。まずはそのままどうぞ。



DSC_0142.jpg挽きぐるみせいろ



milk_btn_pagetop.png

種もの・そば屋の酒肴の魅力について

そば屋にはシンプルに蕎麦そのものの風味を楽しむ「せいろ」や「もり」、「ざる」がある一方、相性の良い素材を組み合わせて、相乗効果を楽しむ「種もの」と呼ばれるメニューがございます。鴨やてんぷら、きつね(あげ)や海苔などの伝統的な組み合わせや大根おろしやとろろ芋など郷土蕎麦の流れを汲むものなど、様々ですがどれも魅力的です。また、その種(具材)をそば抜きでお酒の肴として楽しむそば屋の酒肴も粋なものです。当店では蕎麦へのこだわりはもちろん、種ものや酒肴、そば前(お酒のこと)まで、そば屋の魅力を存分に楽しんでいただけるよう精進してまいります。


DSC_0731 (3).JPG鴨南蛮そば

.

DSC_1254 (2).JPG